Japanese Journal of Interpersonal and Social Psychology
No. 7 (2007)


大阪大学大学院人間科学研究科社会心理学研究室

(所属は第一著者のもののみ記載しています)

総  説
大坊 郁夫(大阪大学大学院人間科学研究科)
 社会的脈絡における顔コミュニケーションへの文化的視点
pp. 1-10
原  著
武田美亜・沼崎 誠(東京都立大学大学院人文科学研究科)
 共通基盤の想定が透明性の錯覚に及ぼす効果
pp. 11-19
源氏田憲一・村田光二(一橋大学大学院文社会学研究科)
 共感的メッセージは本当に効果的なのか?
 ―送り手の印象への影響を中心に― 
pp. 21-29
資  料
木村昌紀・余語真夫・大坊郁夫(大阪大学大学院人間科学研究科)
 日本語版情動伝染尺度(the Emotional Contagion Scale)の作成
pp. 31-39
小森政嗣・前田恭兵・長岡千賀(大阪電気通信大学情報通信工学部)
 ビデオ解析による身体動作同調傾向の定量化手法の提案
 ―カウンセリングを題材として―
pp. 41-48
前田 洋光・阿部 晋吾・八木隆一郎(関西大学大学院社会学研究科)
 「労働組合版組織風土尺度」作成の試み
pp. 49-54
毛 新華・大坊 郁夫(大阪大学大学院人間科学研究科)
 KiSS-18の中国人大学生への適用
pp. 55-60
高橋 直樹・大坊 郁夫・趙 鏞珍(早稲田大学人間科学学術院)
 感情教示法を用いた幸福と怒りの表情表出における日韓比較
pp. 61-65
展  望
Miles L. Patterson(翻訳 村山 綾)(University of Missouri-St. Louis/翻訳者 大阪大学大学院人間科学研究科)
 非言語コミュニケーションの統合モデルに向けて
pp. 67-74


論文は,すべてPDFファイルによって供給いたします
PDF文書をお読みいただくためには,Adobe社の提供する Adobe Acrobat Reader (Ver5.0以上)がインストールされているマシン環境が必要です.当該ソフトはFreeでWeb上にて入手可能ですので,お持ちでない方はアドビ社のサイトからダウンロードしてください.なお,Ver. 4.0以下のAcrobat Readerでは,お読みいただけない場合があります.できるだけ最新版でお読みになることをお勧めします。

PDF化に際しては,印刷刊行雑誌をできる限り忠実に再現するようにしておりますが,まったく同一の内容を保証するものではありません.PDF化に際する不可避の差異(カッコのずれなど)の他に,一部カメラレディで提出されなかった原稿については,図表の欠落等不備がありますことをあらかじめご了解ください.